CPUの価格を比較して選ぶなら?

ただし「大は小を兼ねる」という発想で、ともかく高性能のCPUを選ぶというのは、間違った姿勢です。
ただ、メモリ、二次キャッシュ、グラフィックカード、その他のパーツの能力が、CPUの性能についていけないレベルであれば、パソコン全体の性能が高くなるとは、必ずしもいえません。
そのため「高価なCPUを選ぶと、他のパーツも高価なものにする必要がある」と思っておくと良いでしょう。